シアトル=成田線の就航セレモニーを実施
2019年3月31日から毎日運航を開始

シアトル=成田線の就航セレモニーを実施

2019年3月31日から毎日運航を開始

 

JALは2019年3月31日、共同事業パートナーであるアメリカン航空とともに、シアトル=成田線を開設した。就航日にはシアトル・タコマ国際空港にて就航セレモニーが行われ、JAL取締役専務執行役員路線統括本部長菊山英樹の挨拶のほか、在シアトル日本国総領事館の山田洋一郎総領事、シアトル港湾局コミッショナーのCourtney Gregoire氏、そしてアメリカン航空アジア・太平洋地区セールスゼネラルマネジャーのSteve Koo氏より歓迎のメッセージが寄せられ、テープカットで183名の初乗客を成田へと見送った。

JALの北米西海岸路線として6路線目、米国ゲートウェイとしては11路線目となるシアトル=成田線では、ボーイング787-8型機の新仕様機材である「JAL SKY SUITE 787」を導入し、日本発着、成田経由アジア各都市発着、いずれにも利用しやすい成田夕刻発着のダイヤ設定として運航する。また、アラスカ航空とのコードシェアにより、北米北西部各都市からの乗り継ぎもさらに便利になる。

この路線で使用される機材は、787-8型機に最新シートを導入した「JAL SKY SUITE 787」で、座席数は全2クラスの186席。ビジネスクラスには、フルフラットシート「JAL SKY SUITE (スカイスイート)」を採用、エコノミークラスにはシートピッチを拡大した新・間隔エコノミー「JAL SKY WONDER(スカイワンダー)」を導入し、大幅な居住性の向上を図っている。

 

■運航スケジュール(2019年3月31日現在)

路線 便名 出発時刻 到着時刻 運行日 機材
シアトルー成田 JAL067 / AA8445 14:15 16:25(翌日) 毎日 787-8
成田―シアトル JAL068 / AA8446 18:05 11:05 毎日 787-8

※運航スケジュール、使用機材、座席仕様などは、予告なく変更となる場合もある。同路線は日本航空により運航され、アメリカン航空とのコードシェア便となる。