Companies Overview 2018 ads
Home > US Living > CARRIER > 【在米日系企業のための組織・人事マネジメント 】研修の講師に必要な資質とは何か?

【在米日系企業のための組織・人事マネジメント 】研修の講師に必要な資質とは何か?

研修が成功するかどうかのカギは、その内容もさることながら、講師の資質が大きく左右します。社内で研修を企画し開催する際には、外部の専門講師を招聘する場合がある一方で、社内で講師を選任して依頼する場合もあります。その際に、どのような資質を持った講師に依頼すべきなのでしょうか。

第一に、当然ながら、その研修内容についての知識と経験が豊富であることです。知識が豊富であっても、それが経験に裏打ちされたものでなければ、説得力に欠けてしまいます。ですから、講師の候補者との面談時に、経験に裏打ちされた知識が豊富であるかどうかを見極めてから、最終的に講師を選任する必要があります。

第二に、受講者に対して分かりやすく話せる技術が必要となります。いくら講師に知識と経験が豊富であっても、それを分かりやすく受講生に伝えることができなければ意味がありません。そのためには、それぞれの伝えたいメッセージの結論から話し、その結論の理由を、具体的かつ短い文章で語る必要があります。加えて、大きな声ではっきりとした発音で話すことも大切です。

第三に、話し方に情熱があり、ユーモアのセンスがあることも、講師にとって重要な資質です。情熱があれば受講生の心に響きますし、ユーモアのセンスがあれば、講師が伝えようとするメッセージが受講生の記憶に残りやすくなります。

第四に、講師が各受講者のレベルに合わせて話ができることも重要な資質です。受講者がすでにかなりの経験を積んでいて、さらなるスキルアップを目指す方ならば、それにふさわしい中級から上級の話ができなければなりません。一方、受講生の経験が乏しく、基本的な知識を身に付けたいと考えているのなら、それにふさわしい基本的な話ができる技術が必要になります。

——————————————————————————

中尾 和伸
中尾国際人事コンサルティング
オーナー/国際人事コンサルタント

関西学院大学社会学部卒、ピッツバーグ大学経営大学院にてMBA取得。関西経営者協会(現・関西経済連合会)、デロイト・トウシュ・トーマツ等勤務を経て現職。米国、日本を中心に国際環境下での組織・人事コンサルティングを提供。

連絡先: 201-947-3651  ‖ knakao@nakao-ihr.com

You may also like
在米日系企業のための組織・人事マネジメント 第2回
人の現地化をいかに進めていくべきか?
【在米日系企業のための組織・人事マネジメント第1回 】
第1回 日本本社の人事制度は米国で使えるか?
法務コンサルティングと
法務オンラインプラットフォーム
CREEK & RIVER GLOBAL 代表取締役社長
木村 剛史 氏
企業不祥事と闘う 3
米国実務最前線 実戦からのアドバイス
一斉捜査・その朝