Companies Overview 2018 ads
Home > Event > 超高速WordPress仮想マシンの
プライム・ストラテジーがWordCamp NYCに参加

ワードプレスを高速に動作させる仮想マシン「KUSANAGI」を開発・提供するプライム・ストラテジー株式会社(本社東京、中村けん牛 代表取締役)は、10月末にニューヨーク州マンハッタンで開催された「WORDCAMP NYC」にシルバースポンサーとして参加した。同社のニューヨークでの参加は今回で3年連続となる。他にも日本、シンガポール、インドネシアと、プライム・ストラテジー社が拠点を置く国や都市で開催されるWordCampをサポートしている。

 

世界7500万サイトで無料利用されているオープンソースのブログ/CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)プラットフォーム「ワードプレス」。WordCampは、カジュアルユーザーからコアな開発者までが集まってアイデアや知識をシェアし、ワードプレスの魅力を伝えながらネットワークを広げる場として2006年にサンフランシスコで初めて開催されて以来、世界各地で開催を続け、今では300を超える都市で開催されている。

 

日本からイベントに駆けつけた中村社長は、「日本でのKUSANAGIの実績は1万台以上ですが、アメリカではまだ数百台です。これからが勝負だと考えていますが、似たようなソリューションもありませんし、みなさんが興味を持ってくれているのをヒシヒシと感じています。『セキュリティ』と『手離れ』という2つの点からも我々の存在意義は高まっています。頻繁にアップデートが行われるワードプレスのセキュリティをどうしたらいいか。そして今まで自社内で手がけていた管理を任せたいというニーズが増えているのです。また、皆さんが利用されているシステムはワードプレスだけとは限りません。社内では、他にもJimdoだったりJAVAシステムだったりと他のシステムも利用されています。今後は、KUSANAGIもワードプレス以外のシステムにも対応する方向で広げていきたいと考えています」と言う。

 

現在、KUSANAGIはグローバルの4大プラットフォームMicrosoft Azure、Amazon Web Services、Bluemix、Google Cloud Platform全てに対応しているほか、ほとんどの主要パブリッククラウドサービス上で動かすことができる。日本国内では20以上のプラットフォームで採用。クラウド事業主を含めれば合計シェア率は84%以上に上る。「アメリカ市場でも、同じようにブルーホスト、ゴーダディ、デジタルオーシャンなどのアメリカ国内で強い事業者に採用してもらうような流れを作っていきます。そのためにも、まずは北米での事例を一つずつ積み重ねていき、ローカルに転換していく戦略を考えています」。

 

プライム・ストラテジーでは、12月1〜3日にテネシー州ナッシュビルのミュージックシティ・センターで開催されるWordCampの全米大会「WordCamp US」にも参加する。

 

https://central.wordcamp.org/

https://kusanagi.tokyo/

 

オーガナイザーであるデービッド・パターソン氏はニューヨークをベースとするソフトウェア・エンジニア。自身も10年前からワードプレスを使用しており、多くのローカルミートアップにも常に顔を出す。「スポンサーである各企業はもちろんですが、ワードプレスという素晴らしいツールをサポートしていきたいという想いから、多くのボランティアによって成り立っています。前回の会場から、ケータリングやリフレッシュメントも充実したよりフレンドリーで心地よい空間に会場を移したこともあり、今回は350人もの賛同者が集まってくれました。次回は450、次はそれ以上と少しずつ規模を拡大し、ワードプレスをサポートする人が一丸となって続けていければいいと思っています」。

 

新たな試みとして今回新設されたのが「キッズ・キャンプ」。子供たちにワードプレスに触れる機会を提供したいという思いから導入され、今回は7歳から14歳までの計8人が参加した。キッズ・キャンプを企画した2人は、「経済的な理でこうしたツールを知らない子供たちもいます。この矛盾を少しでも減らし、誰もが想像力を活かせる平等な場を提供していきたい。途中で集中力が切れてしまい退席という子もいましたが、親も一緒に学ぶことができるので親子の絆を強める場としても最適です。子供の新たな可能性という扉を開くのがインターネットでありワードプレスです。私たちはその扉を開くお手伝いができればと思っています」と語る。

 

エバンジェリストとしてWORDCAMP NYC初参加の岡田あすみさん。イメージキャラクターであるSAYAの衣装をまといKUSANAGIの魅力を広める。「渡米前に考えていた以上にビジネスに対しての興味が強いと感じます。ブースに立ち寄ってくださる方々から、新しいソリューションが出てきたことに対するワクワク感が伝わってきました。初日は浴衣、2日目にSAYAでと変化をつけて見ましたが、コスチュームへの反応も非常に良いものでした。私の役割はKUSANAGIのサービスを売るのではなく、人に伝えて広めることです。KUSANAGIという商品をしっかりと理解して、エンジニアの人が聞いて嬉しい情報やポイントを押さえて活動していきたい。こちらは、皆さんしっかりと聞いてくれるので、自分が話した言葉が刺さったのかどうかが明確です。一つ誤算だったのは、スピードモニターを試してもらうためにフェイスブックのQRコード利用を考えていたのですが、口座を持っていなかったり、個人情報を出すのを嫌がったりする人が多かったことです。すぐに『Please tell me your WP website』と直接ウェブサイトを聞くように方向転換したため、KUSANAGIのスピード感を実感いただけました」。