Home > Entertainment > NHKコスモメディアアメリカ・新社長就任

NHKコスモメディアアメリカでは、6月より新たに上村 和大氏が代表取締役社長に就任した。当社は、日本で制作されたテレビ番組を北米地域に放送するテレビジャパン事業と、日本のNHKで放送されるテレビ番組の制作を北米・中南米で行うコンテンツ制作事業をふたつの柱とする。また、今年より新しい柱としてスタートした「dライブラリジャパン」では、月額9.99ドルで日本のドラマや映画、バラエティーなど日本で話題となった名作がスマートフォンやタブレットで見放題となる新しいサービスとなり、関心度の高い注目のサービスだ。満を持してのスタートとなったdライブラリジャパンであるが、まだまだやるべき課題が山積みだと新社長の上村氏は言う。「コンテンツの拡充に苦労しています。多くのコンテンツの北米での配信権を安く購入し、一日でも早くお客様のニーズに応えられるよう、加入者の皆様からの声に耳を傾け、人気番組を増やしていきたいです。また、従来のテレビジャパンについても、英語字幕を増やしたり、NHK、民放、映画会社からバラエティに富んだ良質のコンテンツを買い集めたりして、テレビジャパンならではの充実したサービスを視聴者の皆様に提供して行きたいです。」。

20年前にロサンゼルスで記者をしていた上村さん。以来、米国の動向には人一倍敏感だ。20年前を振り返り今と比べると、米国での日本の存在感や興味が格段に高まっていると肌で感じる。この勢いに乗り、日本文化や情報をさらに米国で広めていく一方、米国からはMLBの日本人選手の活躍をたっぷり日本に届けるなど、日米の情報文化の架け橋として存在感をアピールして行く。