Home > Event > 「本マグロの中落ち」が
和参のケータリングメニューに登場
《和参ブルックリン》

「本マグロの中落ち」が
和参のケータリングメニューに登場
《和参ブルックリン》

和参ブルックリン

和食を通じて進化を追い求め続ける日本食レストラン「和参」が、企業イベントやプライベートパーティーでのケータリングメニューとして、「本マグロ(ブルーフィンツナ)の中落ち」を提案する。ニューヨーク老舗料理店「稲ぎく」の料理長であった櫻井覚三郎さんと、国際利き酒師の小泉聡之さん。ニューヨーク飲食業界の第一線を走り続けてきた2人が提案する新しいケータリングの形が、華やかなイベントの場をさらに盛り上げる。

ビジュアル的にもインパクトが大きく、食べても美味しいマグロの中落ち。シェフが巻くロールを味わうも良し、脂の乗りや味わいの異なる各部位を丼にして楽しむも良し。あばら骨の周りの身を、ハマグリの貝殻でこそぎ取りながら皆でワイワイ楽しむのが、このスペシャルメニューの醍醐味だ。

日本人はもちろん、アメリカ人にもマグロの中落ちの美味しさを伝えたいと、和参ブルックリンでは7月末に試食イベントを開催した。用意された約1メートルのスペイン産本マグロから次々と手巻き寿司や丼が作られ、多くの招待客が皆、その味わいに舌鼓を打つ。「今日の本マグロは小ぶりですが、裏表両面から 60 ロール分の手巻き寿司が取れます」と櫻井シェフ。わさび、天かす、ネギをトッピングして、生醤油や土佐醤油で楽しむ。

他にも、マグロのカマやオリジナル純米酒「和参」など、中落ちメニュー「Bluefin Tuna Rib Sashimi, “Nakaochi”」をさらに引き立てるオプションメニューもある。企業イベントやパーティが多いこのシーズン、どちらのメニューもイベント1週間前までの予約が必要となる。

和参ブルックリン
440 Bergen St. Brooklyn, NY 11217
347-725-3550
info@wasan-ny.com
http://wasan-ny.com

《企業概況ニュース 2018 年 9 月号掲載》