Home > US Living > MEDICAL > DOCTORS > 今度は、自分が
心身の痛みに患う人たちを助ける番
《ROOTS マインドフル・アキュパンクチュア》

今度は、自分が
心身の痛みに患う人たちを助ける番
《ROOTS マインドフル・アキュパンクチュア》

MSAc, Dipl. Ac., L.Ac.
鍼灸師 吉藤 美智子 氏

人体を流れる気や血の通り道「経絡」が滞ると、そこに痛みが生じる。経穴に鍼を刺し、流れを正常な状態へ戻す。中国発祥で、その後世界へと広まった鍼灸には様々な流派が存在するが、その中の中国流のトラディショナル・チャイニーズ・メディスン(TCMスタイル)、キコ松本さんの日本流、そして西洋流のアキュパンクチュア・フィジカル・メディスンの3つを組み合わせて提供しているのが、ROOTS マインドフル・アキュパンクチュアの吉藤さんだ。

神経痛や自律神経失調症、頭痛やめまい、五十肩、動脈硬化や高血圧、気管支炎、胃腸病や糖尿病、更年期障害に眼精疲労、小児喘息など、その効能は多岐にわたる。「痛みのある部分だけをケアするのではなく、そこに紐づく根本的な原因を見つけて対応できるよう心がけています。じっくりと患者に向き合って話を聞き、ライフスタイルやストレス要因、体質などあらゆる面から総合的に判断し、最適な治療法を探ります。ストレスや寝不足などで弱っている免疫力整え、自然治癒力を蘇らせることも、鍼灸の大きな役割となります」。

アメリカに来て、15 年以上、美容やウェルネス関連の記事執筆や翻訳に携わってきた。忙しさから無理がたたり、自ら体調を崩した。良い治療法を探っている時に出会ったのが鍼灸だった。長い間悩まされてきた腰痛も嘘のように消えた。その後は自ら学校に通い「鍼灸」の知識を深め、鍼灸師の資格を取得。自らの問題から入った鍼灸の道だが、今度は、自分が心身の痛みに苦しむ人たちを助ける番だと、「ROOTS マインドフル・アキュパンクチュア」を開院した。

「アメリカでは、代替療法が以前よりも強く求められています。特に痛みがなくても、ストレスの解消、またはアスリートのパフォーマンス向上など、ウェルネス・ナチュラルブームの流れから、老若男女問わず、鍼への関心が高まっているようです。私の将来の目標のひとつに、『国境なき鍼灸師団』に参加し、発展途上国での医療活動に従事したいというものもあります。恵まれない環境にいる人たちに、少しでも希望の光を与えられれば嬉しいです」と吉藤さんは一点の曇りもない眼差しで、そう話してくれた。

www.roots-ma.com

《企業概況ニュース 2019 3月号掲載》