Home > コラム > nihongo-de-columbus > 第9回【NIHONGO-DE-COLUMBUS】
不動産仲介士として④
「いざ、会社組織化へ」

第9回【NIHONGO-DE-COLUMBUS】
不動産仲介士として④
「いざ、会社組織化へ」

綺麗な売物件の住宅を賃貸転換して入居してもらう、駐在員向けの住宅斡旋の裏側で、
期限に必ず家賃を払ってくれ、
しかも長期に靴を脱いで綺麗に住んでくれる賃貸人がクロージングと同時に入居するという、
願ってもない投資案件を紹介できるサービスが回っていました。

ある地元の医師が私と出会い、クリニックをもう一つ開こうと思っていた資金で、
10軒の駐在員向け住宅を購入しました。
「亜希子、私はあなたのお陰でリタイアメントを手に入れたわ」と言ってくれた時には、
人の人生を変えるような仕事に就けたと嬉しく思ったのと同時に、
10歳しか違わない彼女のリタイアメントを、
私が担っていくのかと思うと少し肩の荷が重い感じがしました。

私がリタイアしたら、この人のリタイアも終わってしまう
組織化して、私が死んだ後もこのシステムを残して行かなければ、
そう決めて、現在のような会社組織にしました。

Keller Williams 
不動産仲介士 宮本 亜希子
 614-327-1938 
akiko@nihongo-de-columbus.com 

《企業概況ニュース》2020年 4月号掲載

You may also like
【NY商業不動産ウォッチング】
ポストパンデミックの商業不動産業界を予測する
企業概況ニュース7月号
商工組合中央金庫(商工中金)
中堅・中小企業の専門金融機関
海外進出の課題を一緒に解決するパートナー
DBJ Americas Inc.
中立的な立場から社会に貢献する金融サービスを提供
%d bloggers like this: