Home > Featured > ローカルに根ざした代理店と共に販路を開拓
ATOM PRECISION OF AMERICA, INC.
マーケティング・マネージャー 伊藤 俊輔 さん           http://atomprecision.com/

 1934年創設の㈱サイトウ製作所が展開する小径精密切削工具ATOMブランドの米国販売拠点として1989年にインディアナ州に設立。現在は拠点をイリノイ州に移し、時代に先駆けて小径、精密分野に注力してきたATOMブランドの超硬ドリルやエンドミルなど、約6000種以上の標準品を揃え、米国ではそのうち5000種弱の超硬ドリルと特殊切削工具を取り扱っている。

 「小径ドリルには定義があり、径が3ミリ以下のものがそれにあたります」と伊藤さん。超硬素材を使った同社ブランドのドリルは0.01mmごとに展開されており、髪の毛よりも細い0.02mmが最小径である。刃長は4種類あり、コーティングの有無も選べる。「コーティングがされていても径公差+0/−0.005mmを保証し、刃の切れ味が損なわれないのも特徴です」。小径ドリルの分野で種類の豊富さと品質でニッチなポジションを獲得している。「人の好みが十人十色の様に、重要製造業においても必ず指の間から零れ落ちるニーズがあります。ATOMはそうした零れ落ちるニーズへの対応を重視しています」。また同社の戦略として全米をカバーするような代理店ではなく、ローカルに根ざした各地34社以上と代理店提携している。

 現在は同社のコアマーケットである医療業界をはじめ、航空宇宙、産業機器、車載、エレクトロニクス、半導体と取引先は多岐にわたる。同社ではカスタマイズの特殊品の要望にも応えており、北米での特殊品の取引も数社ある。インディアナ時代には現地生産も行っていたが、現在はメイドイン・ジャパン品質で米国のニーズに対応している。「近年は医療系スタートアップ企業との商談もあり、彼らの新技術を参考に弊社のマーケティングにも活かしているところです」と近況を語ってくれた。

  《企業概況ニュース》2020年 6月号掲載
You may also like
食品SPAのサンクゼールが消毒用アルコールを生産
医療機関へ2,000本寄付(オレゴン)
米国人事労務管理 最前線
《HRM Partners, Inc.》
生産材マルチブランド Eコマース
「VONA」 北米での事業を本格的に開始!
%d bloggers like this: