Home > Featured > 成果を感じるには、 本気でDXに取り組む
《アビーム・コンサルティング(USA)リミテッド》

アビーム・コンサルティング(USA)リミテッド www.abeam.com 米州現地責任者 / マネージング・ディレクター

中谷 幸司 さん

 



 社名の由来「アジアン・ビーム(アジアの光線・力)」が示す通り、日本発・アジア発のグローバルコンサルティングファームとして、企業や組織の戦略立案、経営管理強化、業務プロセス改善、ITソリューション導入と幅広いサービスを提供するアビーム・コンサルティング。世界各国に約6500名のコンサルタントを擁し、製造や流通、金融、エネルギー、通信などのサポートに取り組んでいる。新5ヵ年中期経営計画「Strategy 2025」では〝企業課題の解決に加え、企業間を繋ぐビジネスバリューチェーンの変革〟を掲げ、今後は、持続可能な社会実現貢献を念頭においたソリューションを提案していく。

***************************

 

“共に歩む”アビーム

 「アビームは、顧客の皆様と共に歩み、長期的な関係を築き変革実現をサポートする〝リアルパートナー〟でありたい。もちろん、アジア市場で成功を納めた日系企業が、アメリカを始めとするグローバル市場へと展開する際も同様です。何がベストかをしっかりと見極めながら、経営者が正しい判断を下せるように寄り添っていきたい」。今年4月に米州現地責任者として着任した中谷さんはこう話す。

 特定の一つの業種や商品を売るよりも、世の中の大きな仕組みやコンセプトを考えながら組織を作れるコンサルティング業が面白い。そう感じた中谷さんは、アビームの前身となるデロイト・トウシュ・トーマツに入社し、主に商社業界のコンサルタントとして活躍しながらビジネスの仕組みや成功のノウハウを身を持って学んだ。

 〝数あるコンサルティングファームの中から、アビームをどうやって選んでもらうのか〟───着任以来ずっとその答えを模索してきた。アメリカ市場なくしてグローバル化は語れない。アビームの強みである〝アジアからグローバルへ〟という方針のもと、グローバル戦略上重要拠点である北米でもしっかりと寄り添える体制作り。これが最重要課題だと感じた。「案件獲得からプロジェクト完遂まで、一気通貫でサポートできるグローバル体制は整っています。アメリカ国内にアビーム拠点があるメリットを、より強く感じて頂きたい。コンサルティングの本場アメリカで、欧米流のやり方を当てはめるつもりはありません。日本企業の考え方を理解し、その意思を尊重した戦略立案ができるスタッフを増やし、私たち自身もローカル化しながらアビームUSAならではのソリューションをご提供していきます」。

DX化に対する本気度

 COVID19は、世間でのDX認知度を一気に高めた。規模の違いはあるが、在米日系企業各社が今、最も興味を持っているキーワードの一つが〝DX化〟だろう。しかし、実態は〝リモート化〟や〝ペーパーレス化〟といった短期的な取り組みのみにとどまり、本格的なDX化に取り組む企業は、まだまだ少ない。DX化を考える時、大きく①デジタイゼーション、②デジタライゼーション、③デジタルトランスフォーメーションの三段階がある。日本本社との意識調整や予算、DX人材不足など色々な課題がある中、多くの企業では先を見据えた投資に二の足を踏んでいるのが現状のようだ。

 「今、本当にDXの凄さを感じているのは、先を見据えてしっかりと予算をかけてきた企業だけでしょう。その本気度の違いは、今後も大きな差を生み出して行きます。昨日までは無関係の異産業でも、明日には新規参入してライバルになる本当に変化スピードが早い時代です。こうした状況下で最新のグローバル情報を押さえ、時代に取り残されることなく対応する。各業界や企業の専門家がいるアビームだからこそ提案できるソリューションは多い。もちろん、製造業だから製造業の専門家ということではなく、垣根を超えた意見にも広く耳を傾ける姿勢が、今後はとても大切になってくるのです」。

最終的には〝人の繋がり〟

 中谷さんには、コンサルタントとして後輩たちに言い続ける言葉がある。「最も大切なのは高度なコンサルティングスキルではなく、その先にあるお客様との繋がりの深さ」───自身23年の経験から学んできた教えだ。「素晴らしいコンセプトや方策を考えても、やはり最終的には人と人との繋がり、信頼関係が築けなければ成功は掴めません。正論だけでは通じない世界。どれほどデジタル化が進んでも変わらないと思います。古い精神論のように聞こえますが、そこに魂や想いが籠っていなければ決して良い結果には辿り着けないのです」。

 こうした、自らの経験を次世代へと伝える中谷さんの言葉や姿勢も、今後のアビームをさらに強くしていくのだろう。

《企業概況ニュース9月号 vol.272掲載》

You may also like
《SYSCOM GLOBAL SOLUTIONS INC》
ローカルのニーズをしっかりと掴むことから
「THINK LOCAL, ACT GLOBAL」
企業概況ニュース7月号
世界展開する企業の「デジタルトランスフォーメーション」実現に向け
KDDI IoT世界基盤「グローバルIoTパッケージ」を提案
Ogers Partner Robert Kobayashi
『アメリカ人事のプロ』として、人を繋ぐ
デジタル・トランスフォーメーション(DX)がバズワード
%d bloggers like this: