Home > エリア > ALABAMA > 日系企業のための米国ビジネス法律事務所
《北川&イベート法律事務所》

日系企業のための米国ビジネス法律事務所
《北川&イベート法律事務所》

北川&イベート法律事務所
KITAGAWA & EBERT, P.C.

MAIN : 300 SPECTRUM CENTER DR. SUITE 960, IRVINE, CA 93618
TEXAS : (BY APPT.) 5851 LEGACY CIR., 6TH FL., PLANO, TX 75024
GEORGIA : (BY APPT.) 3340 PEACHTREE RD., SUITE 1800, ATLANTA, GA 30326
電  話 : (949) 788-9980
ウェブサイトwww.JAPANUSLAW.com

 

 

北川 リサ 美智子 弁護士
CALIFORNIA・TEXAS・GEORGIA・NEW YORK・MICHIGAN
東京大学法学研修、京都大学法学修士、米国連邦最高裁判所認定

ジェームス R. イベート 弁護士
CALIFORNIA・TEXAS・GEORGIA・NEVADA・ALABAMA・MICHIGAN
カリフォルニア州公認会計士、京都大学研修、米国連邦最高裁判所認定

 

弁護士資格はカリフォルニア、テキサス、ジョージア、ニューヨーク、ネバダ、アラバマ、ミシガン。

 

北川&イベート法律事務所は、全米複数の連邦及び州裁判所において、著名日系ビジネスクライアントのために多くの裁判と仲裁で勝訴してきた数少ない米国法律事務所の一つである。カリフォルニア州、テキサス州、ジョージア州、ニューヨーク州、ミシガン州、ネバダ州、及びアラバマ州の弁護士資格を所持している弁護士を擁しており、非常に数少ない米国連邦最高裁判所認定弁護士も在籍している。

「米国では、民事訴訟のわずか1%が裁判に至るので、実際の裁判と仲裁の経験がある弁護士はごく少数です」とパートナーの北川リサ弁護士は強調する。北川弁護士は米国人弁護士をこれまで4名しか輩出していない京都大学院法学修士から3人目の卒業生で、東京大学でも研修した。同じくパートナーのジェームス・イベート弁護士も京都大学で研修をしており、公認会計士資格も持つ。

「日系企業が弊事務所にリスク管理に役立つビジネス法律指南を求め、複雑なビジネス訴訟を信頼して任せるのは、困難な裁判や仲裁で勝訴する経験豊富な米国ビジネス弁護士であるからです。私たちの勝つための戦略は高く評価されています。複雑なビジネス問題を巧みに切り抜け、クライアントが成功し勝利するための橋渡しをします」と北川弁護士は話す。

同事務所は、高度な技術活用によりパンデミック中も順調に成長を続け、日系クライアントリストを拡大し続けている。クライアントの業種は、エネルギー、電子情報通信、自動車関連、物流、製造業、食品流通、医薬品、不動産、金融、投資、エンターテインメント、インターネット、バイオテクノロジー、建設、設計、エンジニアリング、銀行等の多岐にわたる。メインオフィスはカリフォルニア。テキサスとジョージアにもサテライトオフィスを構えている(予約のみ)。

「私たちは、豊富なビジネス経験、日英両言語堪能なチーム、日米の文化への理解により、複雑なビジネス紛争で勝利の実績があります。また、契約、会社、不動産、雇用等の取引業務も多く取り行っています。クライアントの米国での成功のために、リスク管理を含むビジネスの必勝戦略に高い評価を得ております」。

《企業概況ニュース5月号 vol.280掲載》

 

《弁護士特集》
顧客の立場で考える、移民法専門弁護士集団《フラゴメン法律事務所》

%d bloggers like this: