Home > Flash News > 第2回
ニュージャージーで加熱する
2つの不動産市場とは
《リロ・リダック》

第2回
ニュージャージーで加熱する
2つの不動産市場とは
《リロ・リダック》

 今回は2つの活気ある業界が注目するニュージャージー市場の最新情報をお伝えしたいと思います。

賃料が高騰するインダストリアル物件市場

 膨大な人口を有するトライステート(Tri-State:  ニューヨーク、ニュージャージ、コネチカット)への物流の要所として位置するニュージャージー(以下NJ)。様々な投資家から注目を集めており、賃料急騰や前例にない空室率低下を記録するなど、NJのインダストリアル物件市場(倉庫、Flex物件など)が加熱しています。

 NJやNYの商業不動産を手掛けるNAI James E. Hansonによると、NJ北部の昨年のインダストリアル物件の売却価格は一平方フィート当たり202ドルと、2020年と比べて35%上昇しました。また、昨年のインダストリアル物件の取引面積は16.8ミリオン平方フィートに上り、平均還元利回り(キャップレート)は5.3%となりました。

 こうした需要増加の背景に、Eコマースの拡大や安定したサプライ・チェーンを確保するための倉庫増床ニーズがあります。そのため老朽化が進み機能性が低い倉庫まで売買されているほど例年にない供給不足に陥っており、賃料が押し上げられています。

 不動産サービス大手のCBREのメアリー・ラング氏は、「NJを含めた全米上位15の物流不動産市場で著しい賃料の上昇が見られ、今後5年間で賃料が25〜35%上昇する」と予想しています。また、「NJへの不動産投資が初めてという投資家の誘致も州政府が力を入れている」とも話しています。

 CoStar Advisory Servicesのシニアコンサルタントのジュアン・アリアス氏は「特に港の近くや『ラストマイル』と呼ばれる消費者に一番近い配送地点は賃料の上昇が顕著で、長期的な投資にも魅力的たとえ還元利回りが低くても、ロケーションが良ければ投資すべき」と強調しています。そのため、還元利回りが3%以内でも、「日本やヨーロッパなど海外からの投資も近年増えつつある」と言及しています。

開発が進むライフサイエンス業界の不動産市場

 医薬を中心とするライフサイエンスの最先端としての顔も持つNJ。ライフサイエンスの発展を担うプレイヤーとして、従来のデベロッパーとは一線を画す非営利団体DEVCO(NJ州)をご紹介します。

 DEVCO(New Brunswick Development Corporation) は、2019年に完成した劇場・オフィス・住居などを兼ね備えたニューブランズウィック・パフォーミング・アートセンターの建設や、ゲートウェイ・プロジェクトと呼ばれるストックトン大学のアトランティックシティ・キャンパスやオフィスの建設を手掛けるなどして名を馳せました。企業や住宅、レストラン、エンターテイメント、教育機関の複合建設を通して、地元経済の活性化を図り、コミュニティ全体の繁栄に繋げているところが魅力的です。

 昨年からはアートセンターと同じニューブランズウィックエリアで医療現場と研究所を兼ね備えた癌治療センターの建設に携わっています。同センターは11階建て(52万平方フィート)で、完成は2024年を予定しています。

 さらに、同エリアでNJのマーフィー州知事の施策と連携し、イノベーション・テクノロジー・ハブの建設も手掛けています。そこでは、メディカルスクールやラトガーズ大学の研究施設のほか、研究者とスタート・アップ企業や起業家とを繋ぐ、55万平方フィートの研究施設などが建設される予定です。完成予定は2025年です。

 インダストリアル物件市場を牽引するEコマース、そしてライフサイエンスと今活気を見せる2つの業界が熱い視線を注ぐNJ商業不動産市場から今後も目が離せません。

Relo Redac, Inc.
商業不動産部:山口直樹
米国のオフィスに関するご相談・お問合せはリダック商業不動産まで
Commercial_US@redacinc.com

《企業概況ニュース》2022年 5月号掲載

You may also like
素敵な出会いのあるリアルターの仕事に感謝
《センチュリー21》
第1回
最新オフィスモデルの 〝ハブクォーターズ〟って?
《リロ・リダック》
なぜ、今フロリダがホットなのか
《JETRO アトランタ事務所》
投資家にとっての〝目利き〟として
不動産投資をサポート
《AMERICA CASH FLOW, LLC》
%d bloggers like this: