Home > Featured > 北中南米及びクロスボーダーの
複雑な法律問題について日本語でアドバイス
《Nagashima Ohno & Tsunematsu NY LLP》

北中南米及びクロスボーダーの
複雑な法律問題について日本語でアドバイス
《Nagashima Ohno & Tsunematsu NY LLP》

長島・大野・常松法律事務所 ニューヨーク
Nagashima Ohno & Tsunematsu NY LLP

450 Lexington Avenue, Suite 3700, New York, NY 10017
Phone : 212-258-3333(代表)
Website : https://www.noandt.com/

 500名を超える弁護士を擁する総合法律事務所である東京の長島・大野・常松法律事務所のニューヨーク・オフィスの事業主体。2010年9月1日開設。M&A、輸出管理規制などの米中摩擦、CFIUSなどの外資規制、個人情報保護、競争法、不動産投資、人事雇用(ビザ含む)、知的財産権、企業倒産・リストラクチャリング、訴訟・国際仲裁等、企業法務全般に亘るアドバイスを提供する。各国のローカルカウンセル及び当事務所の他オフィスの弁護士と連携し、24時間体制で、北中南米及びクロスボーダーの複雑な法律問題について日本語で明快なアドバイスを迅速に行う。

 

塚本 宏達 弁護士(写真左)
hironobu_tsukamoto@noandt.com
弁護士・NY州弁護士。紛争、雇用、知的財産、サイバーセキュリティを含む危機管理の他、輸出管理、制裁法についても対応している。

 

大久保 涼 弁護士(写真右)
ryo_okubo@noandt.com
弁護士・NY州弁護士。主にM&A、PE/VC投資、企業組織再編、バンキング、金融規制法などの複雑な企業法務全般を取り扱い、テクノロジー・宇宙関連についての経験も豊富。

 

逵本 麻佑子 弁護士
mayuko_tsujimoto@noandt.com
弁護士・NY州弁護士。M&A、コーポレートガバナンス及び労働法の分野を中心に、日米における企業法務全般について幅広くアドバイスを提供している。

《企業概況ニュース5月号 vol.280掲載》

 

《弁護士特集》
顧客の立場で考える、移民法専門弁護士集団《フラゴメン法律事務所》
● 日系企業のための米国ビジネス法律事務所《北川&イベート法律事務所》

You may also like
北米・中南米関連の企業法務に精通した
経験豊かな弁護士が多数所属
《西村あさひ法律事務所 ニューヨーク事務所》
顧客が求める結果の達成に焦点を当てる総合法律事務所
《TAYLOR ENGLISH DUMA LLP》
顧客の立場で考える、
移民法専門弁護士集団《フラゴメン法律事務所》
次世代に繋がるビジネスを創造する
《Exa Innovation Studio》
%d bloggers like this: