Home > Featured > 企業訴訟・不祥事対応および
企業の米国顧問に特化した法律事務所
《SAITO LAW GROUP PLLC》

企業訴訟・不祥事対応および
企業の米国顧問に特化した法律事務所
《SAITO LAW GROUP PLLC》

SAITO LAW GROUP PLLC
SAITO LAW GROUP PLLC

1180 Avenue of the Americas, 8th Fl., New York, NY 10036
Website : https://saitolawgroup.com
e-mail:saito@saitolawgroup.com

 企業訴訟・不祥事対応および企業の米国顧問に特化した法律事務所として、2011年に齋藤康弘弁護士が設立。大型企業訴訟・仲裁、危機管理・不祥事対応、ホワイトカラー犯罪弁護・規制当局対応を扱い、クライアントは、銀行・金融機関、商社、各種メーカー、会計監査法人、国家機関など。同事務所の弁護士の全てが米国大手事務所で長年の訴訟実務経験を持つ。齋藤弁護士は米国企業顧問として、法的リスク管理や内部統制・コンプライアンス・規制遵守のアドバイスも行い、各種コーポレート案件における代理経験も豊富である。

 

齋藤 康弘 弁護士
慶応義塾大学法学部法律学科、St. John’s University Law School 卒業後、連邦裁判官ロークラーク(ニューヨーク西部地区)に任官される。ニューヨーク大手法律事務所の訴訟部パートナーや訴訟プラクティス部門リーダーを歴任後、当法律事務所を設立。企業の重要な訴訟案件において実際に法廷に立って弁護を行ってきた数少ない日本人弁護士。対応した著名案件は、アーサーアンダーセン、リーマンブラザーズ、オリンパス、米国イラン人質交換事件、等と多数。講演も多く、企業への法務セミナーに加え、ロースクールや弁護士会でトライアル(審判)での弁論技術を教える講師も務めている。

《企業概況ニュース6月号 vol.294掲載》

《関連記事》
・かつてのギター青年、 失恋をバネに華麗に大変身