Companies Overview 2018 ads
Home > Interview > デロイトイズムで繋がる強力なネットワークを活かして
Yamaguchi Lion LLP (YLLLP) 

デロイトイズムで繋がる強力なネットワークを活かして
Yamaguchi Lion LLP (YLLLP) 

company profile

 デロイトイズムで繋がる強力なネットワークを活かして小規模クライアントにも高品質のサービスを提供

Yamaguchi Lion LLP (YLLLP)

写真:長久さん(左端)、山口さん(中央)、阿久澤さん(右から3人目)、永塚さん(右端)

 

山口ライオン新体制でスタート

開設10年目を迎える山口ライオン会計事務所が、全米でビジネスを展開する日系企業サポートのための新体制をスタートさせた。「発端となったのは、トーマツからデロイトに派遣された日本人パートナーから、デロイトが扱わない規模の小規模クライアントの監査をやってくれないか、というひと言でした。急遽、デロイトOBに声をかけ、どんなに小さな規模のビジネスでも、最高品質の会計サービスを、リーズナブルな価格で提供したいという想いのもと、各分野のプロフェッショナルが集まりました」と同事務所代表の山口さんは開設の経緯を語る。

デロイトOBの叡智を集結

山口さんを中心に、同事務所の幹部は全てデロイト出身者で構成される。それぞれが、監査、税務、コンサルティングなどの各分野で経験を積み、クライアントがアメリカで成功するために全力のサポートを心がける。デロイトのネットワークはオフィスのあるニューヨークエリアにとどまらない。全米に広がるOBがアライアンスを組むことで、これまで難しかったエリアのサポートも可能とした。「これまで、いくつもの大手進出企業のシステム作りを経験してきましたが、今では、これよりも規模の小さめな企業が、情報やサポートを必要としています。税務関連はもちろん、オフィスのインフラ作りから会社がどうしたらうまく回るかの仕組みづくりまで、包括的なサポートをしていきたいと思っています」とITによる業務改善を得意とする永塚さんは考える。

専門知識のアライアンス

様々な業界で専門化が進み、広く浅くカバーすることが難しい時代になった。監査、税務業界も同様。各自の専門性を磨いた人たちが連携し、大きな仕事をしていくスタンスが必要になる。そのためには、どれだけの人材をカバーできるか───アライアンス作りが重要となるのだ。「私たちは、デロイトという大きな組織で培ってきた深い専門知識と経験を持ち寄り、最善策を見つけ出す連携プレーをすぐに行えます。この強みは、デロイトから生まれる信頼感だけでなく、それ以上に大きな強みだと考えています」

迅速に、かつ責任を持って行う

山口ライオンが掲げるモットーは「信頼されるサービスや情報の提供を、迅速に、かつ責任を持って行う」というもの。各OBへと受け継がれてきたこの『デロイトイズム』が、アメリカ進出企業を全力でサポートするための原動力になっている。

 

山 口:1972年にトーマツのニューヨーク事務所設立に携わって以来、日系企業サービス部門のリーダーの一人として働いてきました。長い間、日系企業のサービスをしてきましたので、日系企業の直面する問題などには熟知しております。
長 久:デロイト・トウシュ会計事務所では、主に建設・不動産関連パートナーシップ、製造業、運送業を手がけました。会社を外から視る監査業務、会社の経理・財務と、両サイドからの経験に基づき会社の根幹を内外から見通せ、バランスの取れた的確なアドバイスを提供できることがセールスポイントです。
阿久澤:デロイト・トウシュ会計事務所入所、15年以上監査業務に従事。内部監査、企業買収のDue Diligence、その他の会計関連はもとより、採用、配員等会計事務所運営にも関わってきました。その後、不動産投資会社での経理実務を通し、企業側から見たBig4会計事務所による監査を受けることも経験。長年のBig4会計事務所との関わりの中で、上場大企業に視点を合わせた、複雑で高度かつ高額な監査が、USにてビジネスを展開する、または、USへの進出を目指す非上場の日系会社に当てはめられることに違和感を感じました。
永 塚:監査・税務ではなくデロイトのコンサルティング部門に在籍していました。その後PwCに移籍し、4大会計事務所には通算15年、その間に約80社に上る日系企業の会計・物流・生産管理のシステム導入、業務改善などのコンサルティングを手掛けてきました。昨年から、山口ライオン会計事務所ITコンサルティング担当として活動を開始しました。単にシステム導入に終わらせず、決算業務が円滑に行える仕組み作り、内部統制の整備など、会計事務所ならではのサービスを行っております。

 

You may also like
在米日系企業のための組織・人事マネジメント 第2回
人の現地化をいかに進めていくべきか?
【在米日系企業のための組織・人事マネジメント第1回 】
第1回 日本本社の人事制度は米国で使えるか?
法務コンサルティングと
法務オンラインプラットフォーム
CREEK & RIVER GLOBAL 代表取締役社長
木村 剛史 氏
企業不祥事と闘う 3
米国実務最前線 実戦からのアドバイス
一斉捜査・その朝