Companies Overview 2018 ads
Home > Flash News > 米ニューヨークマンハッタンのオフィスビルの開発事業を推進〜三井不動産

米ニューヨークマンハッタンのオフィスビルの開発事業を推進〜三井不動産

三井不動産は、米国子会社「Mitsui Fudosan America,Inc.(三井不動産アメリカ )」を通じて、ニューヨークマンハッタンにおけるオフィスビル「(仮称)55ハドソンヤード」の開発事業を推進することを決定した。


当事業はマンハッタンにおける最大級の複合開発である「ハドソンヤード」を構成するオフィスビル群のうちの一棟で、マンハッタンでの日系企業による開発事業の中では、延床面積において過去最大の事業規模となる。

「ハドソンヤード」再開発は、アメリカで開発総延床面積において過去最大の民間開発です。当該再開発は近年開発が進んでいるマンハッタン西側に位置しており、合計約11haもの開発敷地をもつプロジェクト。コーチ本社やロレアルアメリカ、SAP、タイムワーナー本社などが入居予定のビルを含む5棟のオフィスビル、高級百貨店ニーマン・マーカスがマンハッタンに初出店する商業施設、高層分譲および賃貸住宅、高級ホテル、文化施設、学校などによる複合開発になる。竣工は2018年の予定。

三井不動産:(仮称)55ハドソンヤード イメージパース

(仮称)55ハドソンヤード イメージパース

三井不動産:ハドソン川側から見たハドソンヤード イメージパース

ハドソン川側から見たハドソンヤード イメージパース

三井不動産:ハドソンヤード最寄り 地下鉄7番線新駅 イメージパース

三井不動産:ハドソンヤード最寄り 地下鉄7番線新駅 イメージパース