Day

February 2, 2016

ニューヨーク|日本クラブが十一代目市川海老蔵を招いて講演会を開催!!ランチ&集合写真撮影

ニューヨーク【日本クラブ主催】市川海老蔵講演会 カーネギーホールでの歌舞伎・狂言・能楽が共演する「グランド・ジャパン・シアター」ニューヨーク公演に先駆け、日本クラブが市川海老蔵を招き講演会を開催する。 講演会はFCI Senior Anchorの久下香織子氏によるインタビュー形式。初めてのニューヨーク公演にかける思いなどを聞く。参加者は着席で食前酒と料理長特製弁当を楽しんだ後、講演を聴く。講演後は、海老蔵との集合写真撮影が予定されている。 日時 2016年2月27日(土) 12:00pm – 1:45pm 場所 日本クラブ 145 W 57th St New York, NY 10019 Tel: 212-581-2233 Web: www.nipponclub.org 参加費(ドリンク、ランチ代込)...
Read More

オーランドで松阪牛PRフェアを開催

オーランドで松阪牛PRフェアを開催 三重県農林水産物・食品輸出促進協議会は2月10日から15日の6日間、フロリダ州オーランドで「松阪牛フェア」を開催する。県産ブランド牛肉の輸出を促進するため、米国での販路開拓と取引定着化を図るのが狙いだ。米国において松阪牛が一般の消費者に提供されるのは今回が初めて。 期間中、ウォルト・ディズニー・リゾート内にあるフォーシーズンズの最上階ステーキハウス・カパで「特産松阪牛の薪焼きステーキ・3部位食べ比べ(リブロース、サーロイン、ヒレ)」「特産松阪牛のステーキアラカルト(リブロース、サーロイン、ヒレから一品選択)」の2種類のメニューが提供される。 2月10日のオープニングセレモニーでは三重県や松阪牛の魅力、伊勢志摩サミット開催などについてPRを行うとともに、三重県及び松阪牛協議会関係者と現地関係者が特産松阪牛メニューを試食しながら意見交換等行う。またフェアに先立ち、オーランド地域の高級リゾートホテルの料理人、現地メディア等を対象にした「特産松阪牛のメニューー研修会」を行う。

【グラントソントン会計事務所シカゴHQ】 ミレニアル世代に合わせた最先端のデザインオフィスと休暇制度

グラントソントン会計事務所シカゴHQ ミレニアル世代に合わせた最先端のデザインオフィスと休暇制度 世界1 3 3 ヵ国にネットワークをもつ、大手国際会計事務所のグラントソントンLLPが2015年10月付けで、新オフィスへ移転し、12月にオープンハウスを実施。同事務所の日系企業グループは、日本商工会議所、領事館、日系企業のクライアントを招待し、新しいオフィスをお披露目した。 新オフィスは政府機関のビルが建ち並ぶダウンタウンの中心に位置しており、従来の会計事務所のトラディショナルなイメージを一新する最先端デザインオフィスで再スタートを切った。オフィスの内観は、暖炉やラウンジがあり、まるでカフェで仕事をしているような開放的なデザインとなっている。 同社で働く従業員全米7,000人の内、2000年以降に雇用された「ミレニアル世代」の人たちが大部分であるという。彼らの幸福度を高める、またやりがいを感じる職場環境を作りたいという思いから、こうした時代の先端を行くデザインとなった。 昨年に91周年を迎えた同社は、11月から全米の社員を対象に有給休暇日数の制限を撤廃した。新しい世代や時代に合わせた仕事のスタイルに対応するといった柔軟な姿勢を反映した企業戦略として話題になった。 日系企業グループ統括リーダーの渡辺さんは「将来の有望なリーダーの育成、そしてクライアント、従業員と雇用者間の相互リスペクトを可能にする「人」と「カルチャー」にフォーカスを置いています。従業員全員が自由と責任を理解し、その上で仕事とパーソナルな時間をバランスして管理する。これも事務所内での「カルチャー」が生み出した新ルールです。」と企業理念を語った。 流動性の高い業界、またミレニアル世代の従業員が多くを占める日系企業にとっても、大いに参考になるモデルケースとして、今後も注目していきたい。 新住所: Grant Thornton Tower 171 N. Clark Street, Suite 200 Chicago,...
Read More