Home > Featured > 新潟県発、
こだわりの煮干しだしスープで海外のラーメン市場に挑戦
Sanpoutei President
SANPOU USA LLC 
社長金子 博信 氏 

 新潟県の三宝亭が初の新店舗SANPOUTEI-GYOZA&RAMEN-を1月23日にマンハッタンのイーストビレッジに開店した。イーストビレッジは日本食レストランが多く集まるニューヨーク市の「リトル東京」として知られるエリアである。

 「食を通じて喜びと感動を」を使命に三宝亭は1967年の創業以来、日本でレストラングループとして事業展開してきた。今回は海外のラーメン市場の大半がとんこつスープであることへの挑戦を目標に、煮干しだしを特色にした醬油ラーメンでニューヨークでデビューした。三宝亭の代表取締役社長、金子博信氏は特製の煮干しだし醤油ラーメンに誇りを持っている。金子氏は「とんこつだしは味が濃く、外国人に分かりやすいが、煮干しだしで濃い味を出すのは難しい。三宝亭は50年以上にわたってこの味を極めてきました」と語る。このこだわりのスープの秘密は、多くのラーメン店がスープの材料を鍋に半分入れるところを、三宝亭では材料を鍋一杯に入れていること。そして、スープを沸騰させずに毎日最長で6時間煮込み、ゼラチンがスープに完全に入るようにていること。また、麺は日本から持ち込んだ製麺機で製麺しており、フレッシュなものを提供している。

 客席数50席の同店では、ラーメンや餃子だけでなく、日本と中華のフュージョン料理を幅広く取り揃えている。他の代表的な料理には、海老とフルーツの揚げ春巻き、ニイガタ・サケ・ドランケン・チキン、鮪と雲丹の重ね寿司などがある。新潟から直送された日本酒もぜひ試して欲しい。SANPOUTEIは、ニューヨークでの開店を5年にわたり準備してきた。金子氏は「西海岸にレストランをオープンするほうが簡単で高い収益を見込めるが、ニューヨークは顧客を惹きつける良いレストランをオープンする場所としてふさわしい」と考えている。

三宝亭煮干し醤油ラーメン  Sanpoutei Niboshi Shoyu Ramen $16 / 12 (small)

《企業概況ニュース》2020年2月号掲載

You may also like
Norikoh: Kristina Pan
NYのレストラン業界で20年 自身のルーツを料理に込めて
DBJ Americas Inc.
中立的な立場から社会に貢献する金融サービスを提供
第46回【リーガル塾:3分で学ぶ米国ビジネス法】
女性取締役の選任を義務付ける州法
~施行後のアップデート~
製造現場のIoT管理で、『儲かる工場』になる

1 Response

  1. Pingback : Sanpoutei: Ramen from Niigata Challenges Overseas Ramen Market with Niboshi Broth | UJP News Site

Leave a Reply

%d bloggers like this: