Home > US Living > MEDICAL > DOCTORS > 第1回:日本とアメリカの健康診断《ひばりファミリーメディカル》

定期的な健康診断の重要性や、アメリカと日本の健康診断の違いなど、ひばりファミリーメディカル院長の桑間千佳医師に分かりやすく解説して頂くコーナーです。

********

 日本での健康診断は、会社内で、自治体で、あるいは健診センターで受けるのが一般的かと思います。生活習慣病やがんを始めとする様々な病気の早期発見のため、大きな自覚症状がなくても定期的に検査を受け、自分の健康状態を把握するものです。内視鏡検査や超音波検査なども含む人間ドックと呼ばれる形態も広く行われています。

 つまり日本での健康診断は、病気や怪我の時にかかる病院や診療所とは別枠となっています。健康診断の結果精密検査や経過観察が必要とされたら、今度は別の専門医を受診する形になることが多いと思います。

 一方アメリカでの健康診断は、かかりつけ医が行うのが一般的です。それは予防医学も医療の一環とするアメリカの健康保険制度とも大きく関わっています。自分の健康を保つためには、かかりつけ医を年に一度受診し、健康面での心配事を相談して必要な検査を受けることが重要だと考えられています。

 つまりアメリカでの健康診断は病気や怪我の時と同じ医師が診察をすることになります。ただアメリカの一般の診療所では種々の検査機器を備えていないため、別施設で検査を受けることが多くなります。

 日本型健康診断では、いろいろな検査項目を同じ日に1度に済ませられる便利さがあります。その一方でアメリカ型健康診断は、自分の健康状態を最もよく知る医師が、健診結果のフォローアップも含めて責任を持ってくれると言う安心があります。

 

ひばりファミリーメディカル
院長 桑間 千佳 医師

725 River Road, Suite 214, Edgewater, NJ 07020
TEL:201-581-8553

https://hibarifamilymedical.com/

 

《関連記事》
ニュージャージー州エッジウォーターにひばりファミリーメディカルが開院

You may also like
第2回:人間ドック?米国型健康診断?《ひばりファミリーメディカル》
%d bloggers like this: