Companies Overview 2018 ads

Day

March 3, 2015

新年の行事と言えば…

さて、新年の行事と言えば国によって様々ですね。日本では正月三が日を楽しみ、初詣や初日の出参拝、初売などが賑わいを見せます。一方アメリカでは元旦翌日から営業日の会社も多いようで、正月と言う概念はありませんが、そんなアメリカでも新年の楽しみ方は人それぞれ。

自分の車を他人に貸す場合の注意点

自分の車を他人に貸した場合にも保険が適用されるかどうかという質問をよく受けます。殆どのポリシーでは適用されるのですが、条件があったり、カバーしないというポリシーもあるので要注意です。確実な答えは各自の保険会社に問い合わせて確認して下さい。

押さえておきたいアメリカ健康保険事情

2014年から本格導入されたオバマケア。毎年新しいタイプのプランが追加され、ますます複雑化する健康保険選び。保険を買うのも使うのも一筋縄ではいかない現状。今回は、アメリカ健康保険をとりまく状況について、消費者の立場から抑えておきたいポイントについて考えてみます。

私的日米通商史 (17)

今年初めの報道に、二〇一四年のニューヨーク市の殺人数は三百二十八件、これは一九六三年ニューヨーク市警が記録を取り始めて以来最低というのがあった。殺人数が最高になったのは一九九〇年とある。

UBIC 米国のディスカバリ企業の買収で国際訴訟支援サービスを強化 ~老舗の業務経験と最先端技術の相乗効果に期待~

UBICは昨年8月にTechLaw Solutions, Inc.(テックロー・ソリューションズ社、以下TLS)を完全子会社としました。TLSは1983年に米国コロラド州で創業して以来、欧米での訴訟プロセスにおけるディスカバリ(証拠開示)支援サービス全般を提供してきたパイオニア的な企業のひとつです。100を超える法律事務所との業務経験を持ち、米国内の企業や金融機関、政府機関、地方自治体へのサービス提供実績も豊富です。

NMとRM

前回、パーティーの手土産にはシャンパンなどのスパークリングワインがお勧めですという話をしましたので、今回は引き続きシャンパンの話をもう少し。

2014年のセキュリティの振り返りから学ぶ(前編)

2014年はアメリカでも日本でも多くの情報漏洩事件がありました。企業に対する攻撃だから自分にはあまり関係ないと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。情報漏洩の被害となる対象の多くは一般顧客の情報で、知らない間に被害に遭われている方も数多く存在します。

業務効率を高める外部サービスの有効利用
経費・出張旅費精算サービス

経理・総務・人事といった間接部門を中心に、定型的なルーティン業務をなるべく簡略化し、人員の適正化やコスト削減、コア業務への資源集中を図りたいという声をよく耳にします。このような業務改善を行う際、システムの活用で人手の掛かる作業を自動化・省力化させるという方法がありますが、特にIT部門を抱えていない在米日系企業などでは、導入への敷居が高く断念してしまうケースがあります。

企業不祥事と闘う
米国実務最前線:実戦からのアドバイス〜一斉捜査対応(その2)

ある国際的大手企業クライエントへの一斉捜査が入った後、その法務担当者から電話で「先生、至急対応についてミーティングをしたいのですが、捜査を想定してドラフト頂いたメモを含めて、何も書類やデータが残っていません」「どこまで話し合ったのかも分からないので、まずは記録を送って頂けませんか」と頼まれたことがある。

【JETRO REPORT】原油の鉄道輸送が急増、5年で40倍超に

米国ではシェール革命により原油の生産量が増加しているが、輸送を担うパイプラインが不足している。その代わりとして、注目を集めるのが鉄道での原油輸送だ。パイプラインと比べた輸送先選択の柔軟性や建設の早期実現性などでも評価され、輸送量は2008年から42.9倍に急増した。一方、安全面での懸念が課題としてあり、規制が強化される方向だ。