Home > US Living (Page 11)

押さえておきたいアメリカ健康保険事情

2014年から本格導入されたオバマケア。毎年新しいタイプのプランが追加され、ますます複雑化する健康保険選び。保険を買うのも使うのも一筋縄ではいかない現状。今回は、アメリカ健康保険をとりまく状況について、消費者の立場から抑えておきたいポイントについて考えてみます。

NMとRM

前回、パーティーの手土産にはシャンパンなどのスパークリングワインがお勧めですという話をしましたので、今回は引き続きシャンパンの話をもう少し。

業務効率を高める外部サービスの有効利用
経費・出張旅費精算サービス

経理・総務・人事といった間接部門を中心に、定型的なルーティン業務をなるべく簡略化し、人員の適正化やコスト削減、コア業務への資源集中を図りたいという声をよく耳にします。このような業務改善を行う際、システムの活用で人手の掛かる作業を自動化・省力化させるという方法がありますが、特にIT部門を抱えていない在米日系企業などでは、導入への敷居が高く断念してしまうケースがあります。

企業不祥事と闘う
米国実務最前線:実戦からのアドバイス〜一斉捜査対応(その2)

ある国際的大手企業クライエントへの一斉捜査が入った後、その法務担当者から電話で「先生、至急対応についてミーティングをしたいのですが、捜査を想定してドラフト頂いたメモを含めて、何も書類やデータが残っていません」「どこまで話し合ったのかも分からないので、まずは記録を送って頂けませんか」と頼まれたことがある。

【JETRO REPORT】原油の鉄道輸送が急増、5年で40倍超に

米国ではシェール革命により原油の生産量が増加しているが、輸送を担うパイプラインが不足している。その代わりとして、注目を集めるのが鉄道での原油輸送だ。パイプラインと比べた輸送先選択の柔軟性や建設の早期実現性などでも評価され、輸送量は2008年から42.9倍に急増した。一方、安全面での懸念が課題としてあり、規制が強化される方向だ。

帰国後の住まいお決まりですか?〜住友林業株式会社

数年の任期を終え、海外駐在員が日本へ帰国する際に最初に考え案じること、それは仕事のことより生活のことかもしれない。子供の学校のこと、引越しや役所手続き、そして住まいである。帰国を機に、新築で家を建てることを考える人も多いのでは。